交替劇 TOP  |   C01 TOP  |   リンク  |   研究班専用ページ  |  



■ 研究組織
代表者
荻原直道:慶應義塾大学・理工学部・准教授;生体力学・化石頭蓋の高精度復元
研究分担者
近藤:東京大学・大学院理学系研究科・准教授;人類学・化石頭蓋測定形態比較
鈴木宏正:東京大学・大学院工学系研究科・精密工学専攻・教授;形状モデリング工学・化石復元技術
連携研究者
久保大輔:筑波大学・体育系・特任助教
森口昌樹:中央大学・理工学部・助教;化石復元技術
道川隆士:大阪大学・環境イノベーションデザインセンター・特任助教;製造情報システム学;化石復元技術
石田:琉球大学・医学部・教授;人類学・化石頭蓋測定形態比較
深瀬:北海道大学・大学院医学研究科・特任講師
海外共同研究者
Christoph P.E. Zollikofer:スイス・チューリッヒ大学・教授;化石人類のデジタル3次元分析
Marcia Ponce de Leon:スイス・チューリッヒ大学・特別講師;化石人類のデジタル3次元分析
Emiliano Bruner:スペイン・国立人類進化研究所;研究グループリーダー
招待研究者
小林:防衛医科大学校・医学部・教授
■ 全体研究計画(2010―2014)

【研究目的】
本班は、旧人・新人の学習能力差を、学習行動を司る神経基盤の形態差 に基づいて比較解剖学的に検証するために、脳が収まっていた容器、すなわち化石頭蓋とその脳鋳型を精密に復元する手法を開発し、その中に収まっていたはずの脳(化石脳)の仮想復元を行うことを目的とする。具体的には、通常断片化状況で発見される化石頭蓋の組立や歪み補正等を行う新しい高精度復元手法を開発し、旧人・新人の化石頭蓋および脳鋳型の正確な三次元形状モデルを生成する。この復元頭蓋モデルをC02班に提供するとともに、協働作業をもってその中に存在したはずの化石脳の復元と詳細な形態学的分析を行い、頭蓋と脳形態の進化プロセスを考察する。

【研究方法】
具体的には、①化石頭蓋骨のCT積層断層像からその三次元デジタルモデルを仮想空間内に構築し、工学的手法を援用して化石の組み立てと変形除去を行い、その立体的形状を高精度で再構成する。②現生人類の頭蓋骨のモデルを仮想的に分断・変形させ、それを様々な条件で逆変換(つまり復元)することにより、手法の妥当性と限界を評価する。③以上の生成データをC02班に付与することにより、同時に、C02班が生成する学習能力に関する脳機能地図のフィードバックにより、頭蓋と脳形態に関する客観的・定量的解析を行う。④以上の作業を複数の旧人化石頭蓋で試み、標準化し、旧人化石脳の形態特徴を推定復元する。


文部科学省科研費補助金「新学術領域研究」:ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究
プロジェクト本部:高知工科大学・総合研究所/〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 CIC東京302 TEL:03-5440-9039 FAX: 03-5440-9119 
  お問い合わせ先:koutaigeki@gmail.com
文部科学省 | 日本学術振興会
Copyright all reserved by RNMH Project Group, 2012, 2013; 更新日:2016年12月09日